MENU

多嚢胞性卵巣症候群について

多嚢胞性卵巣症候群は、不妊症の大きな原因のひとつといわれている排卵障害のことです。
女性の卵巣内で卵胞がうまく発育できないため、正常な排卵が行われにくくなっています。

 

多嚢胞性卵巣症候群で正常な排卵が行われない原因のひとつに、卵巣内の男性ホルモン値が高いためといわれています。
男性ホルモン値が高いのは、血糖値を下げるインスリンというホルモンと、女性ホルモンのひとつである黄体ホルモンが、卵巣に強い刺激を与えているからだと考えられています。
また、2つある女性ホルモンのバランスが崩れていることも、多嚢胞性卵巣症候群の原因のひとつです。

 

近年では、多嚢胞性卵巣症候群の治療にピニトールという成分が使われています。
ビタミンBの一種で、卵巣内のインスリン感受性を高め、ホルモンバランスを整える働きがある成分です。

 

欧米では排卵増加の効果が認められ、不妊治療にピニトールが広く利用されています。
ピニトールが含まれている食品といえば、大豆製品やルイボスティーです。
妊娠を考えている女性の方は、いつもの飲み物を豆乳やルイボスティーに変えてみてはいかがでしょうか。

 

多嚢胞性卵巣とは

多嚢胞性卵巣とは、卵巣の中で卵胞(卵が入った袋)がうまく育たないために、卵胞が排出されずに卵巣内に残ったままの病態のことです。
人によっては、卵巣の壁にぎっしりと卵胞がくっついてしまっていることもあります。

 

卵巣の壁が厚くなって、卵胞が排出されにくい、つまり生理が起こりにくいため、妊娠が難しい状態です。
多嚢胞性卵巣に加えて月経異常や男性ホルモンの高い数値、女性ホルモンのバランスの崩れなどがみられると、多嚢胞性卵巣症候群と診断されます。
不妊症の原因のひとつである、排卵障害です。

 

多嚢胞性卵巣症候群の治療では、ホルモン療法が使われます。
そのため、予防としてホルモンバランスを整えることが有効だといわれています。

 

自律神経をうまく働かせるために、休日には自分の好きなことをして、ストレスを解消するようにしましょう。
他に、体の代謝を良くして血流をスムーズにさせることも大切です。対策としては、体を温める食材を使ったり、栄養バランスの良い食事に変えて、体内のめぐりを良くしましょう。

 

多嚢胞性卵巣(たのうほうせいらんそう)という言葉をご存知でしょうか。
女性の卵巣には、もともと卵胞に包まれたたくさんの卵細胞があります。
通常は、月に1つずつの卵胞が成熟して排卵が起こるのですが、卵胞がある程度は成熟するものの排卵までに至らず、卵巣の壁に卵胞が残って厚くなってしまっている場合があります。この病態が多嚢胞性卵巣です。

 

多嚢胞性卵巣では、卵巣を覆う皮膚が厚く硬くなるため、卵子が排卵されにくくなってしまいます。
特に月経異常や女性ホルモン値の異常がある場合、不妊症の大きな原因である多嚢胞性卵巣症候群と診断されることもあります。

 

多嚢胞性卵巣の原因はまだはっきりとは解明されていませんが、女性ホルモンなどの内分泌異常、肥満や糖代謝の異常、血行不良、遺伝などが要因ではないかと考えられています。
そのため予防や対策としては、血行を良くして排出を促す栄養バランスのよい食事、体を温めるための適度な運動や入浴、ストレスを減らして自律神経を整えるなど、普段の生活習慣を見直してみましょう。

 

 

 

 

 

以前飲んでいたサプリよりも良いとお答え頂いた方が92.6%!!

▼今なら初回半額!全額返金保証付き!▼

ベジママについてはこちら♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ベジママ公式サイト<<