MENU

ピニトール

ビタミンBの仲間で血糖値を下げる作用を持つピニトールですが、昨今では多嚢胞性卵巣症候群罹患者に効果があると注目されています。

 

多嚢胞性卵巣症候群罹患者には普通の人と比べたときに男性ホルモンが多いという特徴があります。
このことによってインスリンが効きにくい状態になってしまい、血糖値の上昇が起こり不妊の原因になってしまうのです。

 

ピニトールには摂取することによって男性ホルモンを正常な値に戻し、ホルモンバランスを安定させる働きと、血糖値の上昇を抑える働きによって多嚢胞性卵巣症候群を改善させる効果があることが発見されています。

 

ピニトールを摂ることができる食材としては、大豆製品(納豆以外)、アイスプラント、ルイボスティーが確認されています。

 

しかし、大豆製品とルイボスティーに含まれるピニトールの量は少なく、3種類の中で最も多い量を含むアイスプラントはなかなか手に入れることが出来ない状態となっています。
ピニトールには1日の摂取上限が180mgから1200mgと設けられていますが、現状ではピニトールが含まれている食材が限られているために、この摂取量を達成することができる人は限られています。

 

現在は上記のような状況となっているので、多嚢胞性卵巣症候群で悩んでいる方は医師への相談の上で、ベジママなどのサプリメントによる摂取が一番効率のいい方法となっています。


以前飲んでいたサプリよりも良いとお答え頂いた方が92.6%!!

▼今なら初回半額!全額返金保証付き!▼

ベジママについてはこちら♪

▼▼▼CLICK▼▼▼

>>ベジママ公式サイト<<